【ステップアップ1日コース】「川では決して自分本位に動くことはできない」から流れに押される力をじっくり探ってみよう-2022/09/14

ステップアップしながら楽しむ1日コース

今回のステップアップ1日コースでは、午前中に上流区間で様々な流れの楽しみ方や使い方をみっちり練習した。流れの使い方とは?という疑問がある人もいると思います。
流れに押される力(運動エネルギー)を意図する進行方向へと「変換する」ということなんだけど。。。ちょっと小難しい言葉ですが。
川の流れに行きたい方向へと押してもらう。
それもまっすぐ下るだけでは無くて、右に左に上流にと四方八方へ。
動きにバリエーションが生まれるとそりゃ楽しいよね。
川の上で「自分本位」に動くことは絶対にできない。
どれだけ泳げる人でも「絶対に流れに抗うことはできない」。

もちろん最初からできる人はいません。
みんな少しずつトライして上手く押してもらえるポイントを探る。
ポイントを探ることってすごく楽しい。
何度もトライしているうちに、ある瞬間ヒュッと流れに気持ち良く押されるとすごく嬉しい。
こういう内容で午前中はゆっくりじっくり練習しました。

午後はダウンリバーのなかで流れを使った遊びにチャレンジ

午前の練習で川の流れを使った遊びに何度もチャレンジしたことで、午後は余裕を持って流れを楽しみ、尚且つ上達していく事を楽しむメンバーだからこそ提案できるメニューの数々。
川の上でより自由に動くことができるようになっていくにつれて、みんな伸び伸びと気持ちよさそうに流れと戯れる。
川で泳ぐ面白さって、こうして色んな発見があることでどんどん深まっていく。

ハートロック・セッション

ここは割とお馴染みになってきたスポット「ハートロック」。
ただ、ここまで流れを使う面白さに触れてきたメンバーはみんな流れのポイントを「探る」ことに没頭。何度も何度も試しながら揉みくちゃにされながら、ひたすら「無限ループ」。
意味も分からずやっているとただ疲れるだけになるけれど、感覚の中で上手く動けたときの面白さがここまでの過程の中でみんな少なからず経験している。
このセッションでも後半になるにつれて徐々に「覚醒」していく人もでてきた。
覚醒したときには、面白いようにシュッと横へボードを走らせる。
これができるとまた次のステップを提案できるわけです。
因みに提案できるメニューは無数にある。
それは流れを使う面白さを深めていくメニュー。

このセッションでは川の上で「自分本位」に動くのでは無くて、流れに角度を合わせて意図する方向へと動かしてもらう面白さに触れることができる。
じっくりと流れに動かしてもらえるポイントを探っていくと色んな発見があって楽しい。

是非あなたの「ステップアップ一日コース」へのご参加をお待ちしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。