エディーターン・セッション

先日、新作のリバーボードの性能をチェックするため御岳渓谷の三岩でエディーターンのテストを行った。
直線だけ早ければ良いわけではなくて、ターン性能も大事。
リバーボードの外側のシェイプだけではなくてボトムの形状も大いに関係してくる。
エディーの遡上する流れに入り込んでいく際、できる限りスピードをつけて当て込み反発を作り出しターンするわけですが、ボトムの形状で随分違いがある。
ここでは詳しく書かないのでご興味ある方は、是非お越しください。

反発を生んで利用して次の動きにつなげる。
フィジカルパワーでは限界があるので可能な限り川の力を利用する。

エディーターン一つとっても非常に奥が深い。
これは僕がずっと考えて向き合ってきた一つの動き。
まだ改善の余地はあるがリバーボードを製作する際には、表現したい動きをイメージしながら図面を起こし、削る際にはリバーボードに当たる水の流れる様子をイメージしながら作業する。

自分の遊び道具を己の指先の感覚で仕上げていく。
一度作り始めると寝ても覚めてもそのことばかり考えている。
とっても楽しい。
一つ完成すると次はもっと良いものを作りたいと思う。
終わりがない。
でもとにかく楽しい。
スポーツとして取り組みたい方は是非Myリバーボードを。
是非お気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です