2020年カスタマーモデルの二号機テスト2020/03/03

2020年度のお客様用ボードの2号機ができたのでテスト。
同じ図面で作っても違った個性を持つのがリバーボード。
ちょっとした削り具合で驚くほど違ってくる。
一つ言えるのは楽をすればするほど個性が消えていくような気がする。
今回はやはりそのことを思うと自分でドキッとする心当たりはあるのだが。。
だがしかし、良いボードであることは間違いない。
作るたびに効率よく作業することを目指すがやはり頑張って汗をかいた分、
そのボードと向き合い考えるからこそ良いものができるのかも。
一つ一つ思いを込めて作らなければ良いものはできない。

二号機は改良の余地が少しあるので再度少し削って魂を吹き込みたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です