リバーボード体験2020/09/26

川のリズムに呼吸と心拍数を合わせる

昨日からの雨で程よく増水中。
午前午後と遊びに来てくれたお客様も気持ちよさそうに流れに乗り、揉みくちゃにされることも楽しんでくれていた。
リバーボーディングは流れや波に揉みくちゃにされることも楽しむ。
流れには絶対に抗えないので、流れが僕らを押して動かそうとする力を利用して動いていく。
流れを利用するにはがむしゃらに自分から動こうとしても思い通りに動けない。
押されたときに一呼吸二呼吸、必要なら三呼吸おいて流れと対話し次にどのように動くとスムーズにいくかを考える。
初めは川の流速に意識が向き、目の前の波や障害物に目線が行ってしまうが、流速よりも川の持つリズムに呼吸と心拍数をゆっくりゆっくりゆ~っくりと合わせることで周りが良く見えるようになりコース取りも余裕を持って行える。

改めて、リバーボーディングは本当に面白い。
僕らも、もっとこのスポーツの魅力をお伝えできるよう日々、試行錯誤しながら取り組んでいるが、お客様が楽しんでくれている様子を見ることが何よりのモチベーションとなる。

秋から春も乞うご期待

さあ、そろそろ朝晩に秋の気配を感じる今日この頃。
これからがリバーボーディングの季節といっても過言ではない。
体験コースの他にも川イルカ講習で楽しみ方の幅を広げ、Myリバーボード製作ワークショップはこのスポーツを深く理解することに大きく役に立つ。そして、自分で創るリバーボードで活動することには大きな意味と価値があると僕は強く思う。このスポーツが好きな方には絶対におススメ。
秋から春のリバーボードクラブにも乞うご期待!
See you in the river !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です