リバーボード20190915

8月の休みで賑わった多摩川もひと段落。初秋とはいえ、日差しが眩しく水面を輝かす。先日の雨でこの水量。リバーボーディングのダウンリバーに最高のコンディション。
遊びに来てくれたお客様も波と戯れ、揉まれながら笑い声が絶えない。

川は水嵩を増し、普段と違う流れを造る。自然のエネルギーを流れを通して感じ、体と心が洗われていく。今日の水量だととても人間の力で抗うことはできず、人の弱さを感じざるおえない。

でも、それでいいと思う。

ボード、脚、フィンから伝わる水の流れを感じながら、流れに従い受け入れる、感じて受け入れ、感じて受け入れる・・そして、いつしか自分の本来のエネルギーの流れが、自然と一体となり流れに乗る。この瞬間をいつもいとおしく思う。誰といるとか何をするとか、そんな相対的な事実でなく、自分がどう感じるか、どうしたいか、どうできるか、自分の本能的な感情とか、とるべき行動がクリアになるこの瞬間。整備されていないアウトドアフィールドで堪能できる極上の瞬間。

少し長めの距離をくだり、ゴールする達成感。そのときにはいつも多摩川が自分の一部のように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です