常連様のリバボ・レッスン2020/10/07

最小限の力で最大限の効果

今年、たくさん通ってくれている常連のお客様とのレッスン。
頻繁に来てくれるようになった最初の頃と今とでは見違えるように上達している。
リバーボーディングはバタ足で進むことよりも流れにボードを合わせて動かしてもらい、更に必要に応じてバタ足を利用する。
今回のセッションでは、最初はバタ足を使っていたが、途中でバタ足を最小限に抑えて流れを横切る練習をした。
上手く流れを利用すればバタ足をほとんどしなくても横切ることが出来ることが動画からも分かると思う。

水量の少ない時は、基本練習をするには最適なコンディション。
最小限の動きとパワーで最大限の流れの利用方法のコツがつかめれば、バタ足をする際にもバタ足をするべきタイミングや効果的な使い方が見えてくる。
今回はそこに特化して練習。
お客様はこのステップへ来るまでにここでたくさん練習を積み、どんどん川の上での自由度が上がっていることに僕は改めて感動した。
インストラクターとしてとても嬉しいことだ。
そして、お二人もどんどんリバーボーディングが楽しくなっている様子。
さあ、これからの秋から春にかけてのシーズンはこのような基本練習には最適な季節。
この時期に上達を目指し、次のグリーンシーズンにもっとリバーボーディングを楽しめるよう練習しよう!

自分で創るリバーボードで活動することには大きな価値がある

そして、11月から3月までの期間でMyリバーボード製作ワークショップを開催します。
自分で自分のリバーボードを創ることでリバーボーディングの上達に大いに役に立つ。
世の中には様々な形のリバーボード・ハイドロスピードがある。
それぞれのボードの形には理由があり、製作者の意図がある。
自分でリバーボードを創ることでその意図が見え、更に流れを「どこへ」「どのように受けて」「どのように動くか」等、たくさんのことを意識するようになる。
世の中の船を見渡してほしい。それぞれの船の形にも理由があり製作者の意図が随所に表現されている。
自分のリバーボードの形を考える時、とてもワクワクする。
一緒に世界で一つだけのMyリバーボードを創ってみよう!
物作りが苦手な方も、一緒にレクチャーしながら作業するので是非チャレンジしてみよう。
詳しくはこちら→Myリバーボード製作ワークショップ
そして、リバーボード販売の特別早割も実施中→リバーボード販売の秋冬早割

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です