リバーボードレッスン2020/01/06

基礎と応用

昨日1月6日はリピーター様のレッスン
昨年から大会にも参加して選手としても活動を開始している。
もう随分とレッスンを重ねてかなり基礎が身についている。
基礎というのは、流れる・止まる・横切る。
そして、そこに加えて効率よく流れを使う。
効率よくと一言で言ってもどういうイメージかというと、流れをベストなタイミングでキックして最大限のスピードを得る。
リバーボーディングにおいてスピードとは単純にフィジカルに頼ったキック力で得るのではなくて、大半はタイミングよく流れを蹴ることによって得るスピードだ。
ただたくさんバタ足したところで中々思ったように進まないことは誰しもが通る課題。
「美しく泳ぐ」を意識しながら練習することでキックの回転数を最小限に抑え最大限の効果を発揮することに繋がる。
川の流れの中では、上手くいく時とそうでない時がはっきり分かる。
いかに体全体で流れを感じ、自分の表現したい動きをイメージできているかがポイント。

今回のレッスンはステップアップ・メニューの中でも強度は高め。
レッスンしながらもトレーニングの要素も盛り込んでいる。
慣れてくるとこの反復練習が面白くなってくる。
納得のいく泳ぎやターンができるまで体力の続く限りトライしていた。
上達スピードがどんどん上がっている。
練習に加え動画などでもしっかりとイメージして研究しているそうです。
素晴らしいですね。

リバーボードレッスン動画2021/01/06

そして今日1月7日、ついに2回目の緊急事態宣言がでましたね。
少しでも早く状況が改善することを願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です