基礎→応用。そして、太もも追い込みメニュー20210217

基礎練習とサーキットトレーニング

スタートポイントではまず、基礎練習とウォーミングアップ。
少しづつ体を慣らしていきながらペースを上げていく。
こういったレッスンやトレーニンングは前日の体調管理から始まっている。
前日から何を体に摂取して、当日何を食べて飲むか。
例えば、当日はコーヒーやカフェインの接種はお勧めしない。
個人差もあるし、自分は必ずコーヒーを飲むことにしているからという人もひょっとしたらいるかもしれないが、リバーボーディングをする当日は終わるまで飲まないことをお勧めする。体はできる限りニュートラルでフラットな状態で尚且つエネルギー満タンで川に入ろう。

川は正直だ。
そして誰に対しても平等なのだ。
自分のできるパフォーマンス、マインド、準備、そのすべてが素直に表現される場所だ。
川へ入るたびに、ちょっとした感覚の違いに気づかされ、その瞬間から改めて自分自身と向き合うことになる。
例えば、体が思うように動かなかったり疲れたりする場合、どんなものを食べたか、前日の運動量、回復のための休養などなど、様々なことを考える。
この冬は陸上でのトレーニングが川でのパフォーマンスにどのような効果をもたらしているかなどを試しながら泳いでいる。

必要に応じて、アイディアの引き出しが多く尚且つ表現することができれば、川で活動している時に臨機応変に動くことが出来る。
レッスンではそういったことも含めて様々なお題に取り組んでもらう。
このお題は面白い。様々な流れを利用しつつもフィジカルも鍛えられる。
太ももはパンパン。心肺機能もしっかり追い込む強度高めのトレーニングだ。
フィジカル、観察力、そしてメンタルも鍛えられる魔法のメニュー。
こういったレッスンは川イルカ講習で行うコンテンツです。
ご興味ある方は是非チャレンジしよう。

リバーボード・ハイドロスピードの最新ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です