スタッフ紹介: Yohei


菅原 洋平
ニックネーム:Yohei

北海道江別市出身
リバーボードクラブ代表
世界リバーボーディング協会 役員

・リバーガイド歴18年
19歳の時に北海道でリバーガイドのキャリアをスタート。
以来、日本各地・カナダ・チリ・オーストラリアなど海外でラフティングなどリバーガイドとして活動する。

2012年、東京のアウトドア・エリアの一つ、御岳・奥多摩地域の多摩川源流の魅力と出会い、フランス発祥のリバースポーツであるリバーボード(ハイドロスピード)を中心に奥多摩アウトドアの魅力を発信中。

・英語対応OK!
海外でのガイド経験があるので英語での対応もご安心ください。

・取得ライセンス
レスキュー3ジャパン
レスキュー3インターナショナル
NZRA
RAJ(ラフティング協会)シニアガイド
RAJ(ラフティング協会)テスター・試験官

・2015年10月 リバーボード世界大会 in グアテマラ 出場
・2017年11月 御岳カップ 「リバーボード部門」主催
・2018年10月 リバーボード世界大会 in ニュージーランド 出場
スラローム6位
・2018年11月 御岳カップ 「リバーボード部門」主催
総合優勝
・2018年11月 世界リバーボーディング協会 役員就任

●「Yoheiからのメッセージ」

こんにちは!

僕は19歳の時にリバースポーツと出会いました。
以来、川の魅力にグイグイと引き込まれていき、気づいてみれば川こそが
自分らしくいられる場所となっていました。
川にいるときは自然と笑顔になってしまう。
僕は川が大好きです。

皆様に川の魅力・楽しさをお伝えできればと思っています。

リバーボードクラブは川のあるライフスタイルを皆様と共有したいという思いからスタートしました。
このスポーツの可能性を追求し、想像を超えるような素晴らしいスポーツにしたい。そして、その魅力に触れていただくために僕が研究を重ねながら制作しているリバーボードをお使いいただいています。
僕の中でこのスポーツは日々進化している。
その先の景色を想像するだけでワクワクする。
そのワクワクを共有したい。
様々な仮説を立てリバーボード制作と向き合う日々。
誰も想像できないような動きを表現したい。
日々、更新し続けるリバーボードの可能性を皆さまにも楽しんでほしい。
その思いだけ。
是非一緒に泳ぎましょう。