水量の変化

リバーボードを楽しむにあたって
その日の天気、川のコンディションに注意をはらうのは当たり前ですが、それぞれの河川の水量は国土交通省のHPで全国の河川の水量を知ることができます。
ただ、それでもどこの地点の水位計を基準にするかが重要だったり、台風や大水の後には以前と水位などが微妙に違ったりするのでやはり自分でも実際に川をチェックすることが一番望ましいです。

因みに御岳、奥多摩の多摩川でリバーボードするならば調布橋を基準にすることが多いです。

最近は利根川水系が水不足なので多摩川のダムからいつもより少しだけ多めに放流しているみたいです。
やはり、災害や被害がない程度の台風や大雨が待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です