リバーボードの体の使い方

 

リバーボードクラブのオフィスの準備は大分完了しました。
リバーボードは今のところベランダが定位置になってます。
日当たり抜群なので日中はキラキラです。

ここ数か月リバーボードを一つのスポーツとして分解してとらえてみようと取り組んできました。
流れを使ってどのような動きが可能なのか、どのようにすると効率よく流れをキャッチできるか等々。。。
しかし、まずは僕自身の体をリバーボードにあった体にしていこうと思いました。
まずはバタ足をするにあたってがに股を治す(当たり前か(;^_^A)
など、基本的なところから取り組んでいこうと思います。
そういった部分を修正して体をしなやかに使う。これがスムーズな動きを作るのではと。
魚のように、イルカのように。ん~、イルカのようにリバーボードで
動きたい!

いかに水の抵抗を減らすか。
ボードの上での手の組み方や重心の移動。細かく分類していくと面白い。
今まで以上に体をケアしなければ。特に正月以降はあまり川に入ってないし(;^ω^)

遊びに来てくれた方へもしっかりと的確にレクチャーできて、
よりリバーボードが楽しくなるように、まずは僕自身のトレーニング
からですね。

楽しいだろうな~イルカのように動けたら。

そういった動きを実現させるためには上半身のポジションも工夫しなければいけないかもですね。
今の僕のキーワードは背骨です。
より、しなやかに体の力をフィンに伝えるか。
それもリバーボードを掴みながら。
やはり、リバーボードは全身スポーツですね。

近々川へ行くのでいろいろ試してまたアップしていきますね。

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です