今日もリバーボードの朝練。

本日も引き続きリバーボードでドルフィンキック!ということで川に入ったのですが。。。
ドルフィンキックをする際に足が開かないように足の親指を重ね合わせるように意識してみました。

すると、しっかりと一本の体になったみたいで水の抵抗が減ったような。。。。

しかしですね、ドルフィンキックを意識するあまり細かい水の使い方が出来ていなかった。
やはり、” 川 ”なのでたくさんの流れがあるのですが、流れに逆らえばもちろんスイスーイとなんて進めない。。

ドルフィンキックを練習している理由はリバーボードでイルカのようにスイスーイっと進みたいから。
小さな小さな流れでも、しっかりと流れに沿った動き方が出来ていないとスムーズに動けない。

たくさん水の動きがあるんです。
本流、逆流、沸騰したような水の動きのボイル、等々。
上手く流れを使ってあげれないとスムーズな動きができない。本流に乗っているだけならもちろんヒュイヒューイって感じで、なんのストレスもありません。

念を押しておきますが、僕が今しているトレーニングはあくまで
リバーボードのポテンシャルを掘り下げるための作業なのです。

そして、自分のためのリバーボードのトレーニングです。
どんなことが可能なのかと。

めっちゃ楽しいです。
少なくともこういう取り組みをする前とは、僕の中では明らかに今
リバーボードというスポーツが変わりました。

テクニックなど細かく分けて分解していくことでしっかりと向き合えるようになってきました。
前までは何となく漠然としていたので。。。。

より楽しいリバーボードを実現させるので是非遊びに来てくださいね。


爽やか空気を吸っているところを表現しました((;´・ω・))
え?暑苦しい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です