大会用のゲート張りのお手伝い

今日はA-strokeの大吾さんの主催するラフティング大会のゲート設置のお手伝いでした。
リバーボードクラブでもリバーボードの大会を開催したいのゲート設置の勉強もかねてお手伝いしてきました。

今回の大会では大学生チームがメインで参加するそうです。

しかし春の陽気で陽が出ているときは暖かいですがまだ陽がかげると寒いですね。
ロープの結び方から色々教わりました。
写真は大吾さんとフェリーグライドの工藤さんです。
3人で作業しました。

コースの設置は慣れないと結構時間がかかった。

リバーボードで大会をするにはどうしたらよいかなど考えながら作業してました。
でも、リバーボードで大会をするときは速さを一応は競うのもいいけど、
いろんなお題をクリアしながらいかに流れを利用しながらコース取りをできるかなど、できれば体力勝負よりも川の流れを読む力に重きを置いてやりたいと思ってます。

そうすれば、男子も女子も一緒にできるしリバーボードには向いているのかなと。。。

実際にグアテマラでのリバーボード世界大会は体力勝負の要素が強かったけどリバーボードの特性上やはりいかに流れを使うのが上手かなどに重点を置いてもいいのかなと思ってます。

まあ、やってみなけりゃわからないので実現に向けてたくさんのレッスンお待ちしています。

目指す目標があると頑張れます。

大会に出ないでリラックスして楽しみながらリバーボードしたい人なども中にはいると思うし求めていることは人それぞれです。

その中で、リバーボードクラブは川遊び、川下りをする際の一つの集まれる場所になれたらいいなと思ってます。

と、そんなことを考えながら18時過ぎには終わって外も暗くなっていました。
帰りに大吾さんに東峯園というJR御嶽駅の迎えにある中華料理屋さんでカツカレーをごちそうになって一日が終わりました。手打ちラーメンが自慢のレストランです。(カツカレーも美味しいです)

明日はいよいよラフティングの大会です。
明日も引き続きお手伝いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です