青梅・奥多摩のリバーアクティビティーの観光PR下見

今日はJR東日本の職員の方々がこの夏に向けた青梅・奥多摩の観光PRを予定してくれているということで、リバーアクティビティー部門のA-strokeの大吾さん、HALAUのヤクさん、フェリーグライドの工藤さんと私リバーボードクラブの菅原でご案内させていただきました。

今はまだあまり認知されていないアウトドアスポーツ=御岳・奥多摩。
都内から1時間半ほどでアクセスできる最高のアウトドアフィールドが東京にあるということをより多くの方に知っていただきたいです。

アウトドアスポーツが気軽に体験できるという認識を持たれていない、関東のアウトドアといえばみなかみ、長瀞といったイメージがありますが東京の御岳・奥多摩はそのどれにも勝るとも劣らない最高のアウトドアフィールドがあり、アウトドア会社があり、多摩川という最高の川があります。

ゴールポイントで集合写真。
ラフティング・カヤック・リバーサップ・リバーボード(ハイドロスピード)が勢ぞろい。みんなで楽しく約5kmダウンリバーしました。

川を下っているときはみんな特に素晴らしい表情してます。 
ゴールポイントにてJRの職員の方々に一通りの乗り物にチャレンジしていただきました。
これはリバーサップ。海や湖ではよく見かけますが多摩川ではリバーサップと言ってこのサップで川を下る体験もできるんです。

こちらはカヤック。バランスをとってパドルで漕いぐ。すいすい進めるようになったら気持ち良いです。


リバーボード(ハイドロスピード)にも挑戦していただきました。
初めてでしかもほとんどレクチャー無しでしたがとっても上手でした。

御嶽・奥多摩のアウトドアがもっと知られて多くの方の憩いの場所になるといいです。
こんなに最高な川がこんなに身近にあるということを知ってほしい。
そして、アウトドア体験ツアーはとっても気軽にタオルと水着さえあれば参加できます。

ただ、川で自分たちだけで遊ぶ場合は安全の面で十分に気を付けてほしいとも思います。川で遊ぶ際はヘルメット、ライフジャケットは必須アイテムです。
この二つがないと絶対に川では遊ぶべきではないということだけここで付け加えておきたいと思います。

それではみなさんHAPPY リバーライフ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です