Minakami Water Games-リバーボード(ハイドロスピード)競技部門2018

6/9・10に群馬県みなかみ町で開催された「みなかみアウトドアフェスティバル」の中の競技部門でラフティング・SUP・リバーボードのレースが行われました。

リバーボード部門は4名の参加者。
まだまだ競技人口が少ないけどイベント運営の方からリバーボードクラブでリバーボード(ハイドロスピード)部門を任せて頂くことができ、とても良い経験をさせていただきました。

イベント自体は群馬県みなかみ町全体で盛り上げる一大イベント。
たくさんの来場者、スタッフの方でとても賑わって盛り上がっていました。

イベントの最初の方で、リバーボード(ハイドロスピード)の紹介などをさせていただきました。
まだまだ広くは知られていないスポーツなので多くの方に観て頂く貴重な機会。
リバーボードの楽しさを知っていただくこと、そしてレースもすごく楽しくてやりがいがあるということを知ってもらいたい。

天気は曇り時々晴れ。
最高のイベント日和でした。

ステージで話すことはわかっていたけど、まだまだしゃべりのスキルは足りない。。でも気持ちは何とか伝わったでしょうか。。

レース参加者。
緊張とワクワクが入り混じるレース数分前。

今回のレースではブイを使ったコースセッティング。
ブイをエディー(岩裏の反転流)にセット。
ブイを回っていくためにエディー(岩裏の反転流)の流れをうまく使いクリアしていく。

コースのセッティングとしては初心者向け。
無理なくみんながチャレンジできました。
それでもレースはレース。
みんな自分の取りたいラインと作戦を立てるのにコースを入念にチェックしていました。

始まっちゃえばあとは楽しむだけ。
レース中も何気にみんな笑顔でした。


午前中のレースはブイを回ってゴールを目指すタイムトライアル。
午後は全員同時スタートのリバーボードクロス。

取るラインでゴール時間も違い、それぞれの作戦が観ていて面白かった。

自分のアイディアや体力など考えて作戦を立てるのがレースの醍醐味の一つ。
ルールの範囲内でそれぞれがベストを尽くす。
楽しいです。

何よりもイベントの熱気や雰囲気ってやはり気分が上がる最高のVibs。
アウトドアのメッカでもあるみなかみ町は街が全面的にアウトドアをサポートしてくれている。
このイベントに関わる全ての方がこのアウトドアイベントを楽しんでいて素敵なお祭りでした。

川って楽しい。
川が大好き。
そして、リバーボードが大好き。
改めて素晴らしいスポーツだなと感じることができた。


先週から台湾大会、レスキュー講習、そしてMinakami Water Gamesとイベント続きの濃い時間を過ごせました。

台湾でもみなかみでも感じたのは子供たちがこのスポーツを楽しんでもらえるような環境を作っていきたいということ。
子供にも参加してもらえるようにリバーボードクラブの体験コースも今後進めていきたいと思っています。

下の動画は、今回のイベントの中で行われたサーフコンテスト。
一つの波にカヤック・SUP・リバーボードでJam session。
最高のVibsでした。楽しかった~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です