リバーボード下流コースセッション2021/04/04

まったり下流コース

リバーボード・ハイドロスピード下流コースのスタートポイント

昨日の多摩川は、上流区域がマスの放流日のため、久々の下流コースでのセッション。
水量は少なめだが、下流の開けた景色が新鮮で気持ち良い。
「気持ち良い」という言葉が自然と口をついて出てきてしまうほど青空とほんわか柔らかい風が心地よかった。
リピーター様とゆったりまったりリバーボーディング。
川が浅いと地形の掘れたところへ水が集まるので場所によっては面白い流れもありポイントを探しつつ瀬遊びも楽しんだ。

より楽しく、より気持ちよく

リバーボード・ハイドロスピードで川を下る際に、プカプカ気持ちよく流れることの他にも楽しみ方は色々ある。
この動画の中では、流れを横切っている映像もあるが、これはただ横切っているのではなくて、横切る際に流れの力によってシュッと加速してボードを走らせる感覚と水に押される感覚を楽しんでいる。
バタ足では決して出せないその瞬間的な疾走感は上手くいくとすっごく気持ち良いし面白い。
このような水量の少ないコンディションで感覚をつかんでおくと増水した時なんかにはもっと勢いのある疾走感を楽しめる。
何でもちょっとコツを掴めると、どんどん楽しくなるもの。
リバーボード。ハイドロスピードも同じでちょっとしたポイントが分かるだけで楽しみ方の幅が広がっていく。
僕らは「より楽しい・より気持ちよい・より面白い」リバーボーディングをするための方法を状況に応じて共有させていただいている。チャンスがあれば是非皆さんにもこの疾走感を楽しんで欲しい。きっとWOW!っと声が出るほど面白いはず。

桜は散りはじめ新緑が川沿いの景色を一層鮮やかにしてくれている。
やっぱり春って大好き。

下流ゴールポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です