川イルカ杯 2021/06/20

今までの練習の成果

いよいよ夏っぽい日が多くなってきた今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
少し水も増えてきて、川のコンディションは徐々に良くなってきている。
そろそろ川で泳ぎたいなという気分の方も少なくないのではないでしょうか。

昨日は、川イルカ講習(アドバンスコース)で何度も練習を積んできたお客様にお声掛けして記録会を開催。
お題をクリアすることに加えタイムも測ってみた。
このコンテンツは体験コースから一歩も二歩もグッと踏み込んでリバーボーディングを通して川の上での表現力の向上を目指したものです。
ということで川イルカ講習にご興味ある方は是非ご覧ください。

エディでターンして流れを横切るということを様々な水量やコンディションの中でずっと取り組み続けてきた。
フィンワークや流れの使い方、ボードの操作などそのすべてが一つになった時にスムーズな動きが表現できる。
そして、可能な限り無駄を省いた動きは体力をセーブして、尚且つスマートな泳ぎへと繋がっていく。

流れを横切る際、角度や狙いどころが微妙に違うだけで上手く渡れるか否かが左右される。
そういった部分を探しながら取り組んでいくことに今回の参加メンバーは黙々と取り組んできた。
上手くいくと楽に行えることも、上手くいかないと川の流れと戦ってしまって体力を消耗してしまう。
そんな練習の中で太ももに溜まっていく乳酸によって更にテンションが上がっていくという強者揃い。

一つ補足しておくと、こういった練習は何も体力的にただきついことを行っているというわけではなくて、川の様々な流れを隅から隅まで楽しむためのスキルを身に着けて、リバーボーディングそして川をより深く楽しむということに繋げていく。
もちろん体力も鍛えられます。そういったエクササイズ目的で来てくれる人もいらっしゃいます。
今回のメンバーがアドバンスコースに通ってくれるようになって約一年。
夏に限らず冬の間も通ってくれていた。
その成果がしっかりと昨日の泳ぎに表れていた。
参加者様同士でお互いにアドバイスしたり、励ましたり、応援したり。
そんなリバーボーディングもすごく素敵だなと感じたセッションだった。
みんなそれぞれ月に1,2回のペースで通ってくれていて時には少し間が空くときもあるが、継続はやっぱり力になる。
もちろん楽しく気持ちよくをベースに毎回レッスンしている。
今では何だかみんなとても頼もしく自信を持って川を泳いでいる。
次から次へと出てくる課題に取り組むことが楽しい。
それは、僕達インストラクターにとっても同じ。

夏本番間近、ご予約はお早めに。

さて、いよいよ夏も目の前。今年の7月20日~9月20日の土日祝日は3部制で体験コースを開催いたします。
夏の間は川もたくさんのアクティビティーで混みあうので、他のアクティビティーと時間をずらして空いている時間を狙って皆様をご案内したいとうのも3部制の狙いの一つ。
夏のご予約も徐々に埋まってきているのでご予約はお早めにお願い致します。
ご予約・お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です