白丸湖でゆったりフィンスイム&リバーボードのスラローム練習-2021-10-02

白丸湖でゆったりユラユラまったりスイミング

奥多摩にある白丸湖でフィンを履いてライフジャケットとウェットスーツを着てスイスイ泳ぐ。
秋の木漏れ日を受けて湖面がキラキラ。
紅葉が始まるまでカウントダウン。
穏やかな10月の過ごし方といった一日だった。
今までの秋冬は一日コースを開催していなかったが、今年からは湖の静水でもフィンを履いて泳ぐ気持ち良さやフィンワークを磨く良い機会と思い、2021年10月~2022年3月までの間、一日コースを開催します。午前は白丸湖でフィンスイミング、そして午後は多摩川でリバーボードというメニューでご案内。
湖を泳ぐってなんだか素敵な響き。
とっても気持ちの良い時間です。
是非皆さんも一緒に泳ぎましょう。

スラロームゲートを張って基礎練習

ゲートを張って泳ぐことで意識することが明確になる。
流れの使い方など細かく言うと書き切れないくらい。
とっても楽しい。本当にものすごく楽しい。
たくさん失敗して疲れてくると無駄な力が抜けて不思議と上手くいく。
イメージ通りにクリアするための方法を導き出すため、流れを「観察して」「考えて」「トライする」これを繰り返す。
流れる、止まる、横切るというリバースポーツの基本の他に、ボードの特徴をいかに最大限生かすことができるかも大事。リバーボードクラブのボードは僕が表現したい動きをイメージしながら作っているので、あとは自分の技術と体力次第。のはずだが、、、まだまだ自分のパフォーマンスに納得はいっていない。
世の中には様々なリバーボード(ハイドロスピード)があるので、そのボードがどんな動きを表現するために作られたのかを観察してみるのも面白い。
形には理由がある。
製作者の意図を自分なりに読み解いていくのもまた楽しいものです。

ヘトヘトになるまで遊ぶ幸せ。
全力で遊んで疲れ果てて、美味しいご飯を食べて翌日に備える。
多摩川ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です