川イルカ講習-リバーボード(ハイドロスピード)の基礎応用編-2022/02/02

もくもくと基礎練習

今年の一月は例年と比べて冷え込んだように思います。
2月になって寒さも少し和らぎ川岸に立っていると日差しが心地よい。
川の中ではというと、練習に打ち込んでいるときは暑くて、何もせずにじっとしていると少しずつ冷えていくといった感じです。
質の高い練習をぎゅっと凝縮して行う。これに尽きます。
この減水期の基礎練習にしっかりと取り組んでいる人は、土台がしっかりと積み重ねられていくのでシーズンが進むにつれて川の上で遊ぶ際のアイディアの引き出しが多くなっていくはずです。
この時期に来てくれるお客様はみんな黙々と練習に励んでいる。
基礎練習に打ち込んでいるメンバーにとっては川で泳ぐことが生活の一部になってきているようです。

陸トレと川トレ

上達を目指すようになってくると、陸上でのトレーニングにも意識が向くようになる。
川の中だけでリバーボードに必要な体力を鍛える事も不可能では無いけど、陸トレも平行して行うことで川の中でのパフォーマンスは思っている以上に向上する。
普段より少し多めに歩いたり、少し走ってみたり、食べ物に気を配ったりとちょっとしたことからでOKです。日常の生活をより健康的に過ごすことでリバーボード(ハイドロスピード)とも必ずリンクします。
このスポーツを趣味として楽しんでいる人たちは、川の時間だけではなくて普段の生活から意識して過ごすことで陸と川の両方の生活を楽しんでいるように思います。
自分の身体と向き合い試行錯誤するって楽しいですよね。
川に入ったときには気分もリフレッシュされて心身共にスッキリです。
是非あなたもリバーボードを趣味として楽しんでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。