リバーボードの応用レッスン編2020/12/23

選手向けのレッスン

今年も残すところあとわずか。
振り返ってみればただただ新型コロナに翻弄された一年だったが、そんな中でもリバーボードを楽しみにしてくれていたりするお客様がいたことが僕にとっては大きな救いだった。
実はずっとリバーボードをやってみたいと思っていたというお客様や、体験後のお客様の笑顔だったりそのすべてに励まされエネルギーを頂いた一年だった。
リバーボードは泳ぎが苦手でも楽しめるスイミングスポーツ。
足ひれを履くと本当に気持ちよくスイスイ進んでいく。
もっともっとこのスポーツを多くの人に楽しんでもらえるよう取り組んでいきたい。泳ぐことが大好きになっちゃうこと間違いなし。

さて、今回は何度も通ってくれているお客様のレッスン。
基礎練習を軸にターンや目線、泳ぎのフォーム、流れを受ける時の姿勢などよりリバーボードの楽しみを広げることにとどまらず、レースを視野に入れた選手用のコンテンツ。
ターンの精度を上げて1分1秒を競う際の動きの無駄を削いでいく。
今の時期は水量は少なく流速も遅いし流れも弱い。
このコンディションの中でも、しっかりとスピードに乗ったターンや泳ぎができると水量の多い時には更にその技術が生きてくる。
基礎練習するには水量の少ないこの時期がおススメ。

川に入っている時に限らず普段から少しづつフィジカルトレーニングも取り入れている気合の入れよう。
フィジカルトレーニングを取り入れると川での動きにもやはり切れが出てくる。
僕自身もいつ大会があってもすぐにベストパフォーマンスを出せるようにフィジカルトレーニングを取り入れている。
選手として活動しない人にも是非お勧めしたい。
陸でのトレーニングは川での効果も抜群。

今回の動画は定点撮影。
ターンにフォーカスした練習だが、意識することはターンだけではなくてキックするタイミングや体の使い方、姿勢などなど。
今回も素晴らしいセッションが出来た。

*このレッスンはステップアップを目指す人向けのコンテンツです。
川イルカ講習

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です